どうなる?太陽光発電システムの未来。

私が考える岡山県の太陽光発電

太陽光発電とは自然の恵みである太陽エネルギーを使って発電するシステムですが、国策としてスタートして今日までのあいだに早くも破綻状態にあります。

私が考える岡山県の太陽光発電メインimage

どうなる?太陽光発電システムの未来。

太陽光発電とは、自然の恵みである太陽の熱を使って、住宅やオフィス、あるいは工場や商業施設といったところに電気・電力を供給するシステムのことです。

日本においては政府が後押しをして、住宅用や産業用など、幅広い分野で太陽光発電設備促進のための策が練られてきました。

その1つが固定価格買取制度というもので、経済産業省が強力にバックアップをして制度を確立してきました。

また太陽光発電システム普及のための補助金交付なども行い、どちらかといえば大盤振る舞いの様相を呈してきたような時期もありました。

昨今にいたっては、この2つの制度ともに破綻をきたしているようなところもあり、たとえば補助金交付金は、補助金申請の枠がすぐに埋まってしまって、補助金そのものの財源が不足するといった事態に追い込まれています。

また固定価格買取制度は、高値の買い取り価格そのものに問題があり、買取価格の見直しを迫られる結果に追い込まれています。

これには電力会社やそれを推進する組織からの圧力もあり、結局のところ、エネルギーの自給自足をめざした日本の太陽光発電システム構想は、事実上の暗礁に乗り上げた状態にあるといっても過言ではないほどです。

さらに問題はつづきます。

メガソーラー発電計画は、国の一大事業として華々しいスタートを切りましたが、補助金制度からの除外や特例措置の撤廃、あるいは固定価格買取制度の事実上の破綻によって、メガソーラーのための用地は取得したけれど、「巨額な投資が必要となる太陽光発電設備を充実・稼動させていくうえでは、とても採算が取れる代物ではなくなった」と、撤退する企業も後を断ちません。

バラ色の夢であったはずの再生可能エネルギーの未来はどうなるのでしょう。

さまざまな情報が飛び交う今日ですが、世界に誇る日本のエネルギー再生技術、太陽光発電設備の設置普及は是が非でもすすめて欲しいものです。

お勧めサイト⇒[岡山県から太陽光発電の情報発信中

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント